MENU

HOME» MENU »ハトムギ・ハーブの白髪染め

MENU

ハトムギ・ハーブの白髪染め

 

 

ハトムギ・ハーブのカラー Sai

 

髪と頭皮をまもるカラー

 

 

 

 

1. 塗布時90%以上の天然性。ナチュラル性が極めて高い。

    2. 溶くのは(湯)。

  3.アルカリ・オキシを使わず髪の傷みはない

  4. パラフェニレンジアミン(PPD)不使用でかぶれが少ない

  5. 界面活性剤不使用で、頭皮吸収少なくかぶれが少ない

  6. ハトムギのチカラで髪のダメージをケア

  7. 髪のツヤ・コシ・弾力・ボリューム感アップの元気な髪に。

  8. ハトムギ・ハーブが頭皮をまもる

 

 

 

12種類の薬草(ハーブ・漢方)とハトムギ等穀類

Sai カラーには、12種類もの薬草(ハーブ・漢方)や穀類が含まれています。これらがそれぞれ役割を持って髪や頭皮に働きかけます。また、Sai カラーの顕著な効果である、ハリ・コシ・ツヤ・ボリューム感など、髪のダメージをケアし、健康な髪に導く作用は、これら植物によります。

 

1.とうもろこし

髪のハリ艶 髪の栄養修復

2.マロニエ

消炎 収斂 血行促進

3.コンフリー(ひれはり草)

保湿 抗炎症 肌荒れ防止

4.セージ(サルビア)

抗菌 抗炎症 

5.ローズマリー

血行促進 フケ予防

6.ハマメリス

毛穴の洗浄 引き締め

7.ハトムギ(ヨクイニン)

保湿 消炎 再生 髪の栄養 修復

8.カンゾウ(甘草)

刺激の抑制 肌の柔軟化

9.カモミール(カミツレ)

保湿 消炎 血行促進

10.高麗ニンジン

フケ 抜け毛予防 代謝促進

11.サトウキビ(黒砂糖)

保湿

12.海藻

育毛 養毛 血行促進

 

 

 

 

Sai をお勧めしたい方

 

①年齢を重ねるにつれ、カラーの髪の傷みが心配で仕方がなかった方。

②かぶれやすく、カラーで頭皮がヒリヒリしていたのをガマンしていた方。

③ヘナのゴワゴワや赤っぽい色が嫌だけど、他にないので仕方なかった方。

④ヘアマニキュアは持ちが悪く、他にいいものがないかなと思っていた方。

⑤髪が細くなってボリュームなく、そのままカラーを続けるとまずいと感じていた方。

​など、今までの常識を変えます。

 

※パラフェニレンジアミンを使ってないとはいえ、他の刺激の少ない染料は使っています。そのため100%まったくかぶれない、ノンリスクの製品というわけではありません。

 

 

 

 

ハーブカラー  / 60分

髪を傷めない白髪染め ハトムギハーブの白髪染め

* 髪の明るさは6トーン以下に限ります

 

S6.000/ M7.000/ L8.000/ リタッチ6.000  

 

 


 

et DOUCE ではクレジットカード(VISA・master)がご利用いただけます。

※随時全カード準備中です。

 


 

 

よくある質問

 

どんな人に向いていますか?

アルカリを使わないかぶれにくいカラーですので、一番活用して欲しいのは、①アルカリ・オキシで染める度に髪が傷んで困っていた方 ②かぶれやすいためにヘナで染めておられた方 ③かぶれやすいためヘアマニキュアで染めておられた方 ④トーンアップでも髪の傷みを軽減したい方・・・に特にお勧めします。

 

 
 
ヘナとは違うのですか? 
ヘナは入ってないのですか?

 

「Sai」にはヘナは配合されていませんし、ヘナとは根本的に異なります。例えば、ヘナ特有の「臭いがある、ゴワつく、黒がでない、色が赤い、退色する、暗くなる、固まる・・・」などの欠点は「Sai」にはありません。また、ヘナはタンニン酸とタンパクが結合するのでパーマが掛かりにくく、カラーチェンジも難しいのですが、「Sai」はパーマもカラーチェンジもできます。何より、ナチュラルヘナやブラックヘナのような認可のない違法な製品ではなく、きちんとした医薬部外品です。「Sai」カラーを採用すると、ヘナはもう必要なくなります。(ヘナには化粧品ヘナもあります) また「Sai」はヘナと併用できません。

 

 

頭皮についても大丈夫ですか?

 

一般的なカラー剤のクリーム状や乳液状は、界面活性剤を使用しています。 この場合、染料が頭皮に浸透して地肌に色が残留しやすく、かぶれる元ともなります。 「Sai」はパウダー状にすることで界面活性剤を使用せず、頭皮への経皮吸収が少ないため、より刺激・かぶれが減ります。

MENU

最新情報

CONCEPT

STAFF

INFORMATION

blog


 

HOME

管理画面